夢見る社会人女子は必見! 「運命の人」との出会いには前兆があった?

 

女子はいくつになっても夢を見る生き物。もちろん、それは社会人になっても変わりません。

googleでは月あたりおよそ1500名もの人が「運命の人 出会い」というワードで検索エンジンを使用しているのです。赤い糸で結ばれた、「この人でなくちゃ!」と思えるような相性ばっちりな男性との出会いを、女子はいつだって夢に見ているのですね。

調べてみたところ、「運命の人」が現れる前は何かしら前兆があるそうなのでご紹介します。

もしかしたらすぐそこに来ているかも? 運命の人と出会う前兆6つ

自分磨きやイメージチェンジがしたくなる

特に好きな人がいるわけでもないのに自分を磨いてみたくなったら、それは運命の人が現れる前兆です。特別な男性がもうすぐ現れることを「本能的に感じている」のだそう。ふと思いついたように髪型や洋服を変えてみたくなったら、その気持ちに従ってみることをおすすめします。

きれいになったあなたの前に現れたその人こそ、運命の人なのかもしれません。

変化を起こそうとしているとき

人間は変化を恐れる生き物です。新しい何かに対して、つねに「不安」という防衛本能が働いています。

それでも、新しい場所に行ってみたくなったとき、新しい何かを始めてみたいと感じたときは、あなたの潜在意識が「変化を望んでいる」ということ。

どうかその直感に従ってみてください。本来の道に進んでいたら見ることのなかったもの、出会うことのなかった人に出会えるかもしれません。

大切なものを失ったとき

何事にも決まった容量があります。大切な何かを失くしたときは、同じ分だけ新しい何かを得るときでもあります。恋人や友人、居心地のいい場所との別れを経験したときは、まさしく新しい何かがあなたの目の前に現れるとき。

大切なものを失った失意から回復したら、周囲に目を向けてみましょう。以前は気づかなかった、身近な人の魅力に気づけるかもしれません。

夢中になれる仕事や趣味ができた

何かに夢中になっているときの人は、目がキラキラして魅力的ですね。そのうつくしさは演技や小細工では出すことができないもの。

あなたが夢中になれるものを見つけたときは、新しいものを受け入れるエネルギーに溢れているときです。夢中になるものがあるときはついつい時間の余裕をなくしがちですが、そういった時期に出会った男性ほど関係性を大切にしてください。

古い知人・友人から連絡が来る

しばらく会っておらず、疎遠だった人からの突然の連絡は「変化の予兆」と言われています。連絡をくれた相手がたとえ同性でも、その人がきっかけで新しい何かが始まるかもしれませんので一度会ってみることをおすすめします。

その人が突然あなたを思い出したのには、何か理由があるはずですよ。

「今は誰とも付き合わなくていいや」と思うとき

誰とも付き合う必要がない」と感じるときは、それだけ毎日が充実しているから。ふしぎなもので、そういうときの方が人は「引き」が強くなるようです。

「彼氏が欲しい」とくり返している人ほど、彼氏ができなかったりしますよね。これも「夢中になれる仕事や趣味ができた」ときと同じで、ひたすら前につき進んでいる人ほど魅力的で、うつくしく見えるからかもしれません。素敵な人と出会いたいと思っている人ほど、自分の人生を充実させる何かを始めてみてはいかかでしょうか。

すぐそこに「出会い」は来ているかも?

いかがでしたでしょうか?当てはまるものはありましたか?

無意識が変化を望んでいる」ときが運命の人が現れる予兆のようなので、ふっと何かを変えてみたくなったときは運命の人があなたのそばに来ているのかも?