いま話題の「趣味コン」で社会人のあなたに素敵な出会いを!

前回の記事で「共通の趣味があるカップルは長続きしやすい」ということを書きましたので、今回は話題の「趣味に特化した街コン」……いわゆる「趣味コン」について取り上げてみようと思います。

そもそも街コンとは何ぞや?

地域ぐるみで行われる規模の大きな合コンのことです。参加者は少ないものであれば50名程度、多いと3000名に及ぶこともあるのだとか。

その中でも、特定のコンテンツを趣味とする人たちが集まるのが「趣味コンです。

同じ趣味を持つ男女が集うので、話が盛り上がりやすい・距離を縮めやすいというのはわかりますね。実は他にも見逃せないメリットが「趣味コン」にはありますので、紹介していこうと思います。

趣味コンの隠れたメリット

 

肩書きや収入で判断しない・されない

 

通常の婚活パーティーではついつい職業(の裏にある年収)などの肩書きを気にしてしまい、それが自分の理想に合わない場合、すぐに相手との可能性を切り捨ててしまいがちです。つまり、せっかく異性と対面しながら、相手の人間性については二の次になってしまっているのですね。

趣味コンの場合ならば、共通の趣味の話から盛り上がることが多いので、相手の性格・人間性に触れることができます。ガチガチに固まった「理想の条件」から一歩離れた観点で相手を見ることができるので、「思わぬ出会いに繋がる」ことも。

デートの誘いがしやすい

趣味コンは会が終了したあとの次のお誘いがしやすいのもメリットです。たとえば野球好きの方のための街コンなんかもありますので、「今度あの試合に行こうと思っているんだけど一緒にどう?」なんて言い回しもできてしまうわけです。

街コンはグループ制で行われることも多いので、同じメンバーで一緒に出かけたりという楽しみ方もあります。

趣味コンにはどんな種類があるの?

スポーツコン

上記の野球コンはまだまだ序の口。ボルダリングコンにウォーキングコン、テニスコン、フットサルコン、卓球コン、バスケットボールコン、バドミントンコン、ゴルフコン……。

もはや「スポーツコン」と一括りにすることをためらうような種類の多さです。

男女グループを作り、実際にプレーするので、お互いを励ましあったりして「より親密になりやすい」そう……。

旅行コン

旅行好きの方が集まりトークする場合もあれば、実際に社寺・史跡めぐりなどを行うイベントもあるようです。アウトドアタイプの方にオススメです。

水族館/動物園コン

デートスポットの定番である水族館や動物園をグループウォークしながら、親睦を深めるというイベントです。

企画によっては謎解きなどちょっとした課題が参加者へ与えられるそう。プチデート気分が味わえそうですね。

料理コン

男女のグループで共同作業を進め、料理を仕上げていくスタイルが多いようです。

「料理」と一口に言っても、ジャンルはさまざま。家庭料理はもちろん、そば打ちや餃子作り、ケーキやたい焼き、夏は「かき氷コン」なんてものも……!

街コンに興味がなくても、グルメ好きなら「「ちょっといいな」と思ってしまう企画が目白押しです。

アニメコン

その名の通りアニメ好きの方が集まります。

プロフィールカードに好きなアニメのタイトルやキャラクター名を記入するので、好みがマッチすると会話が更に盛り上がるかも。

チーム対抗クイズなどのイベントが用意されており、パートナーだけでなく新しい友人ができやすいのもアニメコンの特徴です。

「趣味コン」の中でも特に歴史が長いので、実際に参加した人たちの感想がインターネット上でたくさん見ることができますよ。アニメコンに参加予定の方はぜひ参考にしてみてください。

「趣味コン」はとにかく種類が豊富!

いくつか紹介してきましたが、今回挙げたものはほんの序の口。調べれば調べるほど、「趣味コン」の種類の豊富さ、ジャンルの幅広さに驚かされます。

というわけで次回は「ちょっとマニアックな趣味コン」についても紹介してみたいと思います。