出会いが見つかる? 社会人セミナー

以前の記事で、ビジネスセミナーのことに少し触れました。自然な出会いができるということで、近ごろ注目を集めている社会人セミナー。今回はそのセミナーでの出会いについて、どんなセミナーを選ぶとよいかなどもう少し深く掘り下げたいと思います。

社会人向けセミナーが出会いにつながる理由

目的・興味が同じ

当然のことながら、セミナーに参加する方々は同じ目的を持っています。目的や興味が同じ相手とは会話が弾みやすく、距離も縮まりやすいですよね。

定期的に会う

人は特定の人物と会う機会が増すほどに、相手への好感を強める性質を持っています。「情が沸く」「愛着が生まれる」のと似ているかもしれません。セミナーが自然な出会いに繋がりやすいと言われているのは、その「定期的に会う」状況が作られているからかもしれません。

ガツガツしていない

セミナーでの出会いはあくまで副産物です。参加者はもちろん学ぶ目的でセミナーを訪れているので、婚活パーティーのように容姿や収入が理想通りでなければそこでシャットアウト、ということがありません。

どんなセミナーなら出会いやすいの?

恋愛コミュニケーションスキル系のセミナー

婚活や恋活で役立つ恋愛テクニックや、異性とのコミュニケーションスキルを学ぶセミナーも近ごろ催されるようになりました。そういったセミナーの場合ですと、参加者はもちろん普段から出会いを求めているので出会いに繋がりやすいです。

少人数のセミナー

他の参加者との距離を縮めやすいのが少人数で行うセミナー。名前も覚えやすく、グループワークなどでも意見交換がスムーズにできます。5人程度ですと、「せっかくできたグループだから」とセミナー終了後も連絡を取り合ったりするようになりやすいです。打ち上げなどを計画してもいいかもしれません。

懇親会のあるセミナー

セミナーで出会いを見つけたいなら懇親会のないセミナーには行くな!という言葉が聞かれるほど重要だったりします。セミナーの感想を言い合ったり意見交換する時間を持つことで、距離がぎゅっと縮まります。

高収入男子がいるのは有料ビジネスセミナー

以前の記事でもお伝えしましたが、費用の高さと参加者の向上心とは比例する傾向にあります。仕事への向上心が高い男性ほど自己投資にお金を使います。結果、お仕事でも一定のポジションを掴んでいる方が多いのです。

セミナーでの出会いはこんな方におすすめ!

自然な出会いを求めている方

婚活のガツガツした感じが苦手な方って、結構多いですよね。一概には言えませんが、婚活パーティーや結婚相談所のデメリットとして「条件が合わない相手はすぐに切り捨てされる」というのがあります。ルックスや収入が第一で、結婚生活で重要な「人間性」が二の次になってしまっているのですね。

また、「婚活市場にまともな人がいない」というのはよく聞かれる話です。あらゆる婚活のコンテンツは、男女共に「最終手段」として使用する傾向があります。つまり何かしらの問題があって結婚できなかった人が、最終手段として結婚相談所を利用したりするのです(あくまで傾向です)。

そういったデメリットをクリアできるのが、セミナーでの出会いなのです。もし「婚活でいい人に出会えなかった」とうんざりしている方がいたら、セミナーに参加してみる価値ありですよ。

仕事への向上心が高く、それを容認してくれるパートナーに出会いたい方

彼女は妻のキャリアアップに否定的な男性っていますよね。

他にも、スキルアップしたいと思ってセミナーに参加してるのに「なんで今さら勉強なんかしてるの?」って笑われてしまったり。こういうことを言う相手は、その人自身に向上心がなかったりします。

セミナーのいいところは、恋人に限らず友人関係でも「同じくらいの志の高さを持つ相手と出会える」というところ。これは分かりやすい肩書きよりも、実は大切なことだったりするのです。

自分の肩書きではなく人間性を知ってもらいたい方

セミナーでの出会いはあくまで副産物ですので、収入やルックスなどで交流をシャットアウトされることがありません(よほどモラルの無い相手でなければ)。同じ志を持つ仲間というポジションからスタートできますので、お互いをよく知っていくには有利です。

まとめ

ここまでセミナーでの「出会い」について述べてきましたが、いかがでしたか。スキルアップできて出会いにもつながるなんていいことづくめのように感じますが、その甘い蜜を吸うためにはどんなセミナーを選ぶかが大事。極端に参加費用の安い講習は内容が薄かったり、ひどい場合は何かを売りつけようとしてくることさえあります。参加を考えているセミナーがあれば、前回に参加した方の口コミなどをチェックしてくるのをおすすめします。

またセミナーは本来、学ぶことが一番の目標ですから、あまり異性に目を光らせていると迷惑な人と認定されてしまいますのでご注意を。