社会人の出会いのきっかけ1位!社内恋愛・職場恋愛を逃さないために知るべきこと

一日の大半の時間を過ごすことになる職場・社内は、社会人にとって一番の出会いの場所だと言えます。
社会人の出会いのきっかけ1位は社内恋愛・職場恋愛ですが、実際にどのようなことがきっかけで恋愛に発展していくものなのでしょうか?
きっかけになりやすいことを知っているだけでも、チャンスに気付いていくことができるし、自分でも気になる相手にアピールしていけるはずです。
きっといい出会いにめぐり合えますよ。一緒に確認していきましょう。

職場・社内のきっかけになることは?

気付いていないだけかも…

実は…社内・職場恋愛だからといって、普通の男女が恋に落ちるきっかけと特別に変わったところは無いんです。
ですが、社内・職場という環境だからこそ、きっかけになることもあるんです。
あなたの周りにたくさん隠れているものです。
きっかけをしっかり掴めると、気になる相手との関係が進展できますよ。
きっかけ、見つけていきましょう。

社内恋愛のきっかけは様々

 

・挨拶が印象的だった

『いつも明るい挨拶をしてくれる上司に片思い中です。その人から挨拶されると、仕事のやる気がモリモリ沸いてきちゃう(笑)』(24歳女性)

挨拶なんてほんの一瞬のことだって甘く見てませんか?
挨拶は最低限のビジネスマナーであり、最低限のコミュニケーションなんです。
そして、実は誰にでも平等に与えられた、話しかけるチャンスでもあるんですよ。
普段なかなか話す機会のない人でも、あなたの明るく爽やかな挨拶で、あなたに好印象を持つでしょう。
相手に爽やかな挨拶をして、チャンスをうまく生かしていきましょう。

 

・よく顔を合わせてた、よく目があった

『お互いに気が付くと、相手のデスクの方を見ていることが頻繁にありました。
それがきっかけで彼女とメールのやりとりを始め、その1週間後に彼女を食事に誘い、オッケーをもらいました。ちなみにそれが現在の妻です。』(34歳男性)

たくさんのスタッフが忙しく働いている環境のなか、よく顔を合わせてた、よく目があったということは、相手が意識してあなたを見ているということです。
目が合ったら、あからさまに視線をそらすのではなく、軽く会釈するなど相手が印象を悪くしないような対応をしましょう。
普段話さない人でも、目が合ったらそれだけで話すきっかけになりますよ。

 

・同期入社だったから

『出会いのきっかけは入社前の内定者研修。同じチームになったのが彼との出会いでした。研修後もそのメンバーで何度か飲みに行っていたりして、必然的に仲良くなっていきました。』(26歳女性)

新しい環境で新しいことにチャレンジしていく時、自分と同じ状況の人がいるのは大変心強いものです。
お互いに愚痴を言い合ったり、一緒に勉強したり、異性同士でも社内で一番親近感が持てる相手です。
同期は、自分と対等な立場の関係が築けるのがいいですね。
自分の同期を異性として見直してみることも、社内恋愛のきっかけいいかもしれません。

 

・ギャップにやられた

『社内行事のBBQで、普段とは違う私服姿を見たのがキッカケ。いつものキッチリした格好とは違った、カジュアルすぎない服装がとても可愛かったんです。』(25歳男性)

いつも仕事でピリピリしてる人だけれど、実はカワイイ物が好きだ。
普段は頼りないと思っていたけど自分を守ってくれた、だったり。
その人の新たな一面を知ることによって、その人に惹かれるようになることもあります。
人は、その人の違う一面を見せられると惹かれやすい生き物です。

 

・一緒に残業した

『一緒に連日残業をしているうちに好意を抱くようになりました。残業後に会社の外で夕食を一緒にとる機会も多くって、仕事以外の部分の考え方も自然に聞くことができました。』(32歳男性)

就業時間中と残業時間では、職場の雰囲気はガラッと変わるものです。
人も少なくなりますし、広いオフィスに2人きりなんて普段とは違う環境になります。
そんな環境から、就業時間中にはできないような話題だったり、普段より気さくに話ができます。
「一緒に頑張ろう」という一体感も生まれますし、仕事をしながら、相手をより良く知ることができます。

 

・通勤・退勤が一緒になった

『荷物をまとめて帰ろうと思ったら、ドア付近でばったり。会社を出た瞬間「あれ、今帰り?」と声をかけられて。その後、食事に誘われて意気投合…って感じです。』(30歳男性)

同じ会社・職場だと就業開始時間は一緒ですし、退勤時間もだいたい一緒です。
そして、休日以外は同じ通勤手段を使いますよね?
最初は偶然一緒の車両に乗ってビックリ!なんて状態でも、それが続くと話す時間も増えていくものです。
一緒に食事に行ったり飲みに行くにも誘いやすいですよ。

 

・相談をした、相談にのった

『自分が担当する業務が思うようにならなくて、悩みを相談していたのがきっかけです。切羽詰まってた時に、優しさで包み込んでくれるように話をきいてくれたのに惹かれました』(31歳男性)

相手があなたに相談したいと思っているということは、あなたに頼りたいと思っているのです。
あなたが丁寧に話を聞いて、真剣に回答してくれている様子に、さらに好感をもつでしょう。
相談にのってもらう側の場合、気になる人、頼りたい人に素直に相談してみましょう。
スムーズに仕事ができるようになりますし、社内・職場恋愛のきっかけになるでしょう。

 

・仕事を教えてくれた

『中途入社の私が、年下の彼に仕事を教わったのがきっかけです。最初は頼りないな…と思っていたのですが、いつしか好きになっていました。こんなことってあるんですね。』(27歳女性)

仕事に限らず、自分が知らないことを知っている人は、尊敬されやすいものですよね。
教える側も頼られているという喜びがあります。
特に男性は頼られるとうれしいって方が多い傾向があるように感じます。
ですが、教えてもらって当然と思っている態度をとると逆効果です。
「教えていただいて助かりました」と謙虚な気持ちをもち、それを表さないと意味がありませんよ。

 

・仕事のフォローをしてくれた

『仕事でちょっとしたトラブルがあり困っているときに、「ちょっと手が空いたから」と手伝ってくれました。そのさり気ない優しさにグッときちゃいました。』(30歳女性)

自分が間違っていたところをさり気なくフォローしてくれたのがきっかけで、気になりだしたというのもよくあります。
仕事でミスをしたときは傍で優しく励ましてくれたり、サポートしてくれる男性や女性がいれば、それ以前よりその人に魅力を感じるのは自然なことですよね。
自分のミスのせいで…と、申し訳ない気持ちでいっぱいになるかもしれません。
ですが、フォローしてくれた感謝の気持ちを忘れず、素直な気持ちで接することで、もっと親しくなれるでしょう。

 

・一目ぼれ

『同じフロアの違う部署で働く彼に「一目ぼれしていました。お友達からでいいのでお付き合いさせてください。自分という人間を知って欲しい。」と言われたのがきっかけです。』(26歳女性)

社内・職場恋愛に関係ないような気もしますが、実は一番多いきっかけが一目ぼれです。
(マイナビ 社内恋愛に陥るきっかけランキング)
人の入れ替わりの激しい職場なら可能性も高くなるでしょう。
一目ぼれは片思いな状態のことが多いと思います。
相手に気付いてもらえるように、普段から身だしなみに気をつけるなど、相手に好印象を与えるように心がけてみましょう。

 

一番の難所はきっかけ作り

社内・職場恋愛は自分できっかけを作っていくのが最も大切なことです。
ですが!このきっかけ作りが一番難しいんですよね。
でも、そう感じてしまうのは会社・職場という特殊な環境や、上司や部下など立場のことを難しく考えてしまいがちだからです。
難しく考えず、一歩踏み出して見ましょう。
一番さり気なく、相手の印象に残りやすく、かつ自分から作りやすいきっかけは…挨拶です!
まずは、笑顔でさわやかな挨拶を心がけてから、同時進行で他のきっかけを作っていくのが良いでしょう。

 

きっかけを逃さずに成就させるには?

 

アプローチを見逃さない

きっかけさえ作れれば、あとは少しずつ時間をかけてゆっくりアプローチしていくだけです。
アプローチを意識していてば、自然と相手のアプローチにも気付くこともできるので、きっかけを逃さずにいられるでしょう。
特別扱いしたり、積極的になりすぎると、まわりに迷惑になってしまったり相手を不快にしてしまいます。
あさかさますぎず、ゆっくりあせらずにいきましょう。

アプローチを見逃さない

 

アプローチの方法とは??

・仕事はまじめに取り組もう

「自分の仕事に一生懸命取り組むこと」これが一番大事なことです。
あなたの一生懸命な姿は、気になる相手の目に留まらなくてもかまいません。
まずは隣のデスクの同僚や近くにいる上司など、近くにいる自分以外の誰かの目に留まればいいのです。
あなたの仕事に対する姿勢や一生懸命な姿は、徐々に周りの評価を高めていきます。
「最近、頑張ってるよね」と同僚や上司に評価されるようになれば、あなたの存在が少しずつ気になる相手に近づいている証拠ですよ。

 

・気になる人以外にも愛想よくしよう

他の人と明らかに違う態度をとられるというのは、良い気持ちにはなれないですよね。
自分だけ特別扱いされるのは、違和感を持ってしまった時点で避けてたいものです。
特別扱いするほうも、されるほうも、「なんであの人だけ…」などと周囲からの印象を悪くしてしまいます。
それならば、みんなに愛想をよく振舞って周囲の印象をよく保っておきましょう。
そうすることで、あなたに対する相手の印象を下がることはないでしょう。
周囲の評判が、あなたへの評価につながるのですよ。

 

・印象の良い、気持ちの良い挨拶を心がけよう

自分の部署やフロアだけじゃなく、会社の前やエレベータ待ちなどで目が合った時に会釈だけするのでも、相手に好感をもってもらえますし、もし自分がされても嫌な気分になることはないでしょう。
あまり接点のなかった人からされたら、少しその人のことが気になったりしませんか?
一番さりげないアプローチ方法だけれど、とあるアンケートでは一番効果的なアプローチ方法だという結果が出てます。
(Peachy きっかけは挨拶!? なんと職場恋愛に落ちる人の割合は42%だった!)

「暑いから大変ですね」「これから会議ですよね?頑張ってくださいね」みたいな、相手を気遣う言葉を一言プラスしてみましょう!
長い会話じゃなくていいんです、一言でいいんです。
誰かが気にして見てくれてるんだと感じることは、相手にとってとても嬉しいことですよ。

 

・飲み会や食事会などで隣の席をキープしよう

働いていると、なにかと飲みに行く機会があるものですよね。
正直面倒臭いときもあるけれど、気になる人へのアピールできるチャンスだと思えば乗り切れます。
空腹状態だったお腹が満たされると、緊張から開放されリラックスできますし、アルコールを摂取することで更に打ち解けやすくなります。
なので、職場では普段しないようなプライベートな話ができて自分をアピールしやすいですし、相手をよく知ることができるのでお互い距離を縮めることができるのです。
ただ…飲みすぎてハメを外して、相手にドン引きされないように注意が必要ですよ!
相手のペースに合わせてお酒を楽しみましょう。

 

・研修期間や合宿を利用しよう

同期入社で、オリエンテーリングや新人研修などで何度も顔を合わせているうちに親しくなって…というパターンです。
なれない職場環境のなか、よく分からない者同士で同じスタートラインから研修を共にし、同じ状況を共有するもの同士で仲間意識が芽生えていきます。
ひとつの目標に向かってお互いフォローしあい、一緒に努力していくなかで距離を縮めていけるでしょう。
グループワークで積極的に話しかけて、相手に顔と名前をしっかりと印象付けてもらうのがいいでしょう。
個人同士でのアピールではなくて、グループの中でアピールすることによって、周囲との対比であなたのことがもっと魅力的に見えます。

 

・教育係になろう、教育係になってもらおう

新入社員や異動したばかりで、周りは知らない人ばかり…仕事もよくわからない…。
不慣れな環境の中に置かれたら、誰だって心細くなってしまうものです。
そんな中で、自分のために色々教えてくれる教育係の先輩・上司の存在は心強いですよね。
内容に間違いがないように、じっくり丁寧に教えてもらえますし、質問に答えてもらったり会話の回数も多くなるでしょう。
指導してもらったり、フォローしてもらったことに感謝の気持ちをあわらすと、とっても好印象ですよ。
教育係を任された方も誰かに頼られるのは、誰だって嬉しいものです。
「自分は認められたんだ」という意思が芽生えて、責任感もやる気もわくでしょう。
少し面倒くさいと思うことがあっても、投げやりに指導しないで優しく丁寧に接してくれる先輩に魅力を感じてしまうものです。

 

・褒め方に工夫を!三角褒め、隠し褒めを活用しよう

三角褒めとは「○○さんがあなたのことを凄いと言っていたよ」みたいに、誰かを介して、間接的に褒めることを言います。
第三者をはさんで褒めたほうが信憑性が高いですし、第三者から褒められるのはとても嬉しいものです。
そして、自分を褒めて認めてくれたあなたにも好感を持ち、気になる存在になっていく可能性も高いでしょう。
隠し褒めとは「また仕事を一緒にしたいですね」みたいに「また」をつけることによって、あなたとの時間は充実していたということを強調し、相手を褒める方法です。
直接褒めるのが苦手な人でも、相手に好感を持っていることを伝えることができますよ。

 

一番効果的なアプローチ方法とは

きっかけと同じになってしまいますが、やはり挨拶でしょう。
第一段階として、笑顔での挨拶で相手への好感度をあげて「話しやすい雰囲気」を印象づけていきましょう。
雑談ができるくらいまで距離感を縮めていけたらいいですね。
第二段階として、他のアプローチ方法をあわせて行っていくことでより成功率を上げられます。
特に三角褒め・隠し褒めで嫌な気分をする人はいないでしょう。
雑談の中に織り交ぜやすいのですが、あまり連発しすぎると逆に相手に不信感を与えてしまいますよ。

 

 

社内恋愛・職場恋愛のきっかけで大切なことは…

社内恋愛・職場恋愛のきっかけとは…

社内・職場は様々な男性と女性が集まっている場所です。
社内恋愛・職場恋愛のきっかけも様々あります。
社内恋愛・職場恋愛は、自分からきっかけを作っていくのが大事になってきます。
きっかけ作り、アプローチともに一番効果的で実践しやすいのは、挨拶です。
さわやかで気持ちの良い挨拶を心がけて、相手に好印象を持ってもらいましょう。
挨拶と同時進行でほかのアプローチやきっかけ作りをしていくと、よい結果を生むでしょう。
ただ、あまりにもあからさまなアプローチは相手に敬遠されるので、あくまでも、あせらずゆっくりさり気なくが肝心です。